サンボと散歩

犬猫の里親さん探し

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

好きだ!!大好きだ!





行き成りですがどーです!?ドッグスポーツとしての訓練と実践的なシェパードのプロテクション。どちらも「素晴らしい!!」の一言。でしょ?
スゲぇ・・・(@_@;) でも、少しでも(サンボ程度の輩でも)訓練に携わった者だったら思うわな、「よくも、まぁ・・・徹底しとるなぁ・・・」ってさ。訓練士として訓練をする者としては「スンゲ!!」だけど保護活動してるフツーの訓練好きから見たら・・・ズバリ言いませんが・・・(私は、私の考えでは有る意味虐待ってかさぁ、あーーでも、自分でも「こんな風に育てて見たい!!」っつー欲望もあるんで・・・ソコソコやフツーが犬にも飼い主にも「幸せ」ってわかってるんでスがぁ。虎舞竜か?って・・・)

私の様なプロじゃ無いモンでもシェパードには強い拘りを持っているっつー事が言いたいんだよね。どんなに有名なプロの方が仰ってる事でも(競技会、実践的に)私は私で頷けるトコと「そーかなぁ?」と思うトコが有る。「素人が生意気な!!」って言われても私には私で「アンタらが捨てたシェパードでも訓練次第じゃソコソコ(この辺が弱気なんだが・・・)やるんだぞ!!」って見返してやりたいのが信条ってか、夢(?)てか、妄想でも有るのかなぁ・・・限界は感じるけど・・・展覧会血統のシェパだって(日本の)警察犬位には全然成れますよ。シェパード(シープドッグ)と名が付けばその他の犬とは一線を踏まえた存在だと。とにかく、私は好きなんだと思う。大っキライだと思う様にしていたシェパードがね・・・ソコんトコ踏まえての記事ね。 

fc2blog_2013072618493886b.jpg 

何ゆえ、あえてシェパードを飼うのか?ドラマや映画でのカッケー姿は憧れるけどアレは妄想で非現実的だよ。シェパにその他(ラブやゴールデン)の大型犬の気質を求めるのは彼らにとっては苦痛で不幸な行為であえて彼らを飼う事に失礼(?)だと思う。私も、保護活動故に彼らに「ソレ」を求めた時期が在りましたよ。でも・・・申し訳無いわさ。彼らにね。

あえて、ご自分の意思でシェパをお飼いになるのであれば高い意識と覚悟を持って頂きたい。「訓練されていないシェパードはシェパードとは言えない」と言われるほどの犬種だ。
シェパードの飼い主たるプライド、シェパードの飼い主に成ると言うプライド。生半可な気持ちで飼う犬種では無いと断言したい!

死ぬほどクソ飼い主を見てきたから言うんですよ。私が思う最高のパートナーを「お前如きがシェパードを語るな!!」と。「こんなはハズでは無かった」「言うこと聞かないバカ犬」「ウチのシェパードはハズレだ」・・・・・オノレがハズレじゃ!!バカ飼い主!氏んで詫びろや!!
究極の友をこんなザマに育てやがって・・・あぁ、自制が効かなくなってきた・・・

自動車の運転免許取りたての方がポルシェやフェラーリ乗れます?てか、乗りこなせる?
其のポテンシャル、引き出せる?

よーーーく考えれよ。飼う(買う)前に考えるんだよ。最悪の事態を考えるの。憧れや、希望や理想なんて「妄想」しか無い。ご自分がどんだけの存在?アンタは最高で理想的で万能かよ?何故、犬にソレを求めるかよ・・・・

シェパードに心酔するサンボの戯言でした!!



 



スポンサーサイト

 

贖罪

何か気持ちがくさくさしてるんですよね・・・多分、例の多頭飼育崩壊の件かなぁ・・・(日常茶飯事の事ですが。)

こんな気分の時には必ず観たくなるOO(ダブルオー)。さらに危険な気分になる。這いあがれないほどブルー入るんですが・・・

P1010778.jpg 
P1010776.jpg 
世の中の歪を全てつぎ込んだ様なストーリー展開。登場人物はほとんどイタイキャラ設定。どんだけヒトを落ち込ませるのか?でも共感してしまう自分。(怖えー(@_@;))


実は先日、タイソンが猫を襲いました・・・猫さんには本当に可哀そうな事をしました。そしてタイソンにも・・・最近では猫にさほど興味を示さなかったタイソン。サンボも(犬の矯正何て)「チョロイもんだ」とたかをくくってました。
無論タイソンに罪は無く、サンボの「おごり」が原因。私はタイソンが猫と言う「呪縛」から(執着心から)解き放たれた(矯正してやった)と思っていました。
違う。そうでは無かった。私を心から信頼し、真に心の安定を得たのでは無く、「叱られるから取りあえず言う事を聞いておこうか・・・でも、お前なんぞに絶対服従なんぞするもんか!」と言うのが彼、タイソンの真実でした。私の「おごり」と傲慢が彼にまたもや「猫殺し」の二つ名を与えてしまい、猫さんには多大な恐怖と痛みを・・・いや、それ以上の事を・・・情けない。前の飼い主が言っていた彼の行動もあながち嘘ではなかったのだと今更思いました。後悔してもしきれません。偉そうな事言ってましたが私も前の飼い主と同じ愚か者です。
P1010681.jpg

タイソンの身体能力も侮ってました。1800は有る塀の上に寝そべっている猫をダイレクトに捕え、(まさかそんな所まで飛べる犬だとは・・・)怯えて悲鳴も上げられず失禁してる猫を嬉々として攻撃し(このブログのカテでどこまで表現して良いのか躊躇しますが・・・)まるでその行為(殺戮)を楽しむかの様。(ここからもどう言う表現をして良いのか解りませんが)男性だけが持つ部分がパンパンにはれ上がっている所を見るとよほどの興奮状態だったのだろう。ぞっとした。犬とはこんなにも残酷な者なのかと・・・あまりの出来ごとに私はタイソンを制御する事も忘れ唖然としてただただ立ち尽くすだけでした。
 「ケモノは調教できるがケダモノは調教出来ない」と言う言葉が脳裏に浮かんだ。愕然とした。タイソンにでは無いのです。私がそんな風に思った事が情けなかった。正直、その時はタイソンが怖かったのは確かだ。でも、私の信条ではないか!「生まれ変わる事は出来ないが、変わることは出来る」と言うのが・・・

タイソンをケダモノたらしめたのは「人」だ。生まれついての「猫殺し」だったわけでは絶対無い。
確かに年齢が往っているので矯正は難しいが必ず「変われる」。
人がそうしたのなら私が変えてやらなくては彼に申し訳ないじゃないか。

「私には出来る、私には出来る。」何度も何度も言葉にしてみる。「絶対に出来る、必ず出来る。」とも・・・落ち込んでる場合じゃないよね。前に前に振り向かずに絶対後悔しない様に。


 

タイソン

今日は暑いながらもサンボの住む此処の風はもう秋のようでして・・・涼しかったのでタイソンのお洗濯なんぞしてみました! 

P1010565.jpg 
P1010568.jpg 
 

男前に成ったでしょう?(欲目か?)さすがのサンボも保護したてのシェパをお洗濯するのは躊躇するんですが、タイソンならば大丈夫だろうと・・・案の定齧られる事も無く、多少嫌がりましたが無事終了致しました(~_~;)

P1010569.jpg 
P1010572.jpg 

いつもの事なら暫くは信頼関係の構築や基本的なメンタル面のリハビリから始まる保護生活なんですが(特にシェパの場合)彼の場合、持ち前の性格の良さが有りますんで本当に楽チンです。訓練こそ「座れ」程度しか入って居りませんでしたが素直で気立ての良い性質ですからサンボ宅に来て1週間足らずで「伏せ」「待て」「後へ」は簡単に覚えてくれました。
まだまだ引きも強く少しでも気を抜くと前へ前へと行こうとしますが「後!」っつーとちやんと脚側で歩きますし「やめ!」と言えば興味を惹いた事がらからもちゃんと未練を断ち切って私の言う事ききます。雄でもこんなに訓練の入りやすいシェパが居るんですねぇ~>゜))))彡
エドの時もこう思いましたが「しかるべき飼い主の元で飼育されていたらさぞや優秀な犬であっただろう!」と。今更ですが、残念な事です。
「優秀な犬」と言うのは人それぞれの観念ですが訓練競技会でトップを取る犬が果たして家庭犬として優秀か?と言えば「否」です。(どちらも、と言う犬も居ますでしょうが)飼い主に取っての思惑で「優秀」と成るのです。
「展覧会で」「競技会で」「家庭犬で」それぞれ人間の考えで優秀か不良か・・・そしてその思惑から「不要」と判断されれば「要らない犬」に成るんだよね。同じ「命」なのにさ。


サンボが考える「優秀な犬」はと?どんな犬でも飼い主が愛情込めて飼っていさえすれば、それは飼い主に取ってそうでしょうよ?(綺麗事ですか?)どんな子達でも飼ってりゃ「うちの子1番!」だと思うんですがね。まぁ、しいて言わせて頂くと訓練性の高い犬がサンボ好みなんです。でも、ウチに入る子達はそれぞれ可愛いですよ。飼っていれば家族だモン!捨てる事何て出来ないでしょ?

ここからが本題です。(上はサンボの一人言)
チームねこわんこのルーキー、可愛い(?)後輩が頑張ってます!本当に小さな、そして熱いレジスタンスです。闘ってます。頑張れ!どうか皆さんも彼女を応援してやって下さい<m(__)m> http://ameblo.jp/tyth0920/(ブログの題名なんだったか?このヘンがサンボのダメなトコ)
是非ご覧ください!

 

拍子抜け(こんな子も居るんだpart2)

ご紹介(詳細)が大変遅れました!(何の?って)
 

P1010556.jpg 
コイツデス^_^;引っ張って来ちゃいました・・・(案の定?タハハァ(-_-;)ウチ、限界超えてるモンね。でもやっぱ処分は出来ねーじゃん!サンちゃん(バカ)に付ける薬無し。)
雌だと仲間内の情報で何とか譲渡も決まる事が多いんですが、雄だとねぇ~難しいです。 

P1010555.jpg 
P1010554.jpg 

訓練血統の雄。6歳(7月9日生まれ)確かにどっしりして大きいのですが展覧会のヒョードル、キッド、バスター、飛雄馬なんかに比べたら「小柄」な方です。41キロ有るそうですが、ぱっと見35~6キロ程度にしか見えません。(展覧会の雌グレンと大きさは変わらないか、多少グレンの方が大きい位です。太さは彼の方が有りますが・・・)

「猫、子供がダメ。特に猫に対しては攻撃的で制御がきかない。」「雄犬に対しては攻撃性が高いが人間に対しては良い子」との触れ込みでしたが 、雄シェパの「良い子」なんざ疑ってかかる方が安全だし。全然知らない人間に警戒しないシェパなんざ雄雌どちらでも私の知る限り「皆無」でしたから・・・(なお且つこないだ油断して齧られたばっかだしぃ・・・そう、この間雌シェパに咬まれた件ですが警戒心の強いシェパが知らない人間に油断しないワケが無いんです。狂暴な性格から咬む行為に走ったのではなく知らない人間に対しての恐怖心から、自分のテリトリーにずかずか入り込み不用意に彼女の前で髪を掻きあげたサンボの行為を「攻撃される」と警戒しただけの事。彼女に何の罪も無く、サンボの不注意が原因。)


P1010552.jpg 
P1010553.jpg 
この顔に似合わない可愛らしい名前が付いていましたのでサンボが「タイソン」と改名しました。(~_~;)
 

「あぁ~あ、齧られんのイヤだなぁ」なんて考えながらコイツに合いに行ったらモーレツに吠え声が聞こえてきたのですが、「ん?」警戒吠えでは無いんです。トーンの高い声で「ヒンヒン」てか「ヒャンヒャン」の甘え吠えでした。全く面識の無いサンボに尻尾をブンブン振って檻越しに甘えて居るんです!檻から出してもらったらもう大変です。口舐めするは腹見せするは、まるでラブやゴールデンの子犬の様でした。(コレにはビックリしましたよ(^◇^))

「こんなシェパも居るんだ・・・・」と。純粋に驚いたのと「でも、シェパとしてコレもどんなモンかいな・・・」と思わず苦笑してしまいました。元の飼い主の若い女性曰く「性格は良いのだが散歩の時に猫、子供、雄犬を発見すると制御がきかず、ここ数年は散歩に出してはいない」との事。「とうとう近所の飼い猫を咬み殺して「処分しろ」と詰め寄られた」と言うのが処分理由。
「ウソくせー」と思いましたが。(だって犬にかみ殺されるトロイ猫さんなんざ居ないでしょ?フツー)「訓練士に相談したり、スパイクカラーを仕様した事は無かったのか?」と問い詰めたい所でしたがそんな事やっていたら、「こんな事」には成らなかったハズ。結局、シェパ(犬)に対して無知な上に知ろうとする努力もしない。こんな方がどうして「シェパード」を飼おうと思ったのか?まぁ知るよしも無いし、知りたくも無いし。こんな可愛いヤツが6年間も飼い殺しにされて居たかと思うと可哀想で悔しくて・・・人間、愚か成り!!喝!!

展覧会血統に比べ訓練の子は姿かたちが野暮ったく、ハイテンションで神経質。でも、もっさりとした訓練態度が多い展覧会に比べ音の鳴る様なきびきびした訓練態度のコイツラのほうがサンボは好きです。大きすぎない所も(比較的)関節とか傷めず訓練できるしさ。なお且つ訓練の子の方が「ソレ」っぽいし!^m^

ウチに来て5日経ちますが確かに猫を見ると狂います。でも矯正出来ない程ではありません。
もう、子供や犬とのすれ違いは(散歩の時)問題が無く猫も時間の問題。とにかく人間に対してはラブリーで強面ですが可愛いヤツですよ!ウチのシェパ共の方がよっぽど狂暴です。
タイソンの散歩と問題行動(とも呼べない程些細な事ですが)の矯正で益々ハードな毎日を送っているサンボです。自業自得ですが・・・

頑張れ自分!(小さく叫んでおきます。トホホ・・・(/_;))





 

まったくもうもう(--〆)

バスターがサンボ宅に来まして早3ヶ月が経ちました。ブログの記事にはして居りませんでしたが毎日の訓練は怠っては居ませんでした。ですが・・・
彼、良く言えば「天真爛漫」、悪く言いますと「ウマシカ(?)」(+_+)遊びと訓練の境界があやふやで集中心が薄く、深く物事を考えるのが苦手らしくまぁ、訓練向きで無いのは確かでして・・・
 
P9230088.jpg 
訓練に飽きてこの有様・・・「もう、疲れたよ!」です(--〆)きつく叱ると「おもらし」しながらお腹丸出しして「ゴメンナサイ!」でしょう?(子犬かってんですよ!)やりずらいやりずらい!デカイ図体で、可笑しいやら情けないやら・・・
あの体躯で「じゃれる」んで打撲と生傷が絶えません。可愛い性格なんですがねぇ・・・
 
P9230092.jpg 
足腰も大分強く成り、コケたりもしませんし、1時間程度の散歩ならヘーキで行きます。
しかし、小型犬と子供に対する攻撃心は根強く(どんなトラウマが有ったのか知りエませんが)サンボの制止無しには恐ろしい事に成るのは間違い無し!温和で脳天気な彼の意外な1面が垣間見れます。(怖いくらいスイッチが入ります)
 まだまだ矯正の余地が有る彼です。涼しく成って来ましたんでより一層頑張って更生させて行きたいと思ってます(^◇^)
 
「ケガ直すのが先だろ!」っつー声が・・・

 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

サンボ

Author:サンボ
FC2ブログへようこそ!

月別(表示数指定)
友達にこのブログのURLを教える
FC2カウンター
里親ご希望の方へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。