サンボと散歩

犬猫の里親さん探し

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

贖罪

何か気持ちがくさくさしてるんですよね・・・多分、例の多頭飼育崩壊の件かなぁ・・・(日常茶飯事の事ですが。)

こんな気分の時には必ず観たくなるOO(ダブルオー)。さらに危険な気分になる。這いあがれないほどブルー入るんですが・・・

P1010778.jpg 
P1010776.jpg 
世の中の歪を全てつぎ込んだ様なストーリー展開。登場人物はほとんどイタイキャラ設定。どんだけヒトを落ち込ませるのか?でも共感してしまう自分。(怖えー(@_@;))


実は先日、タイソンが猫を襲いました・・・猫さんには本当に可哀そうな事をしました。そしてタイソンにも・・・最近では猫にさほど興味を示さなかったタイソン。サンボも(犬の矯正何て)「チョロイもんだ」とたかをくくってました。
無論タイソンに罪は無く、サンボの「おごり」が原因。私はタイソンが猫と言う「呪縛」から(執着心から)解き放たれた(矯正してやった)と思っていました。
違う。そうでは無かった。私を心から信頼し、真に心の安定を得たのでは無く、「叱られるから取りあえず言う事を聞いておこうか・・・でも、お前なんぞに絶対服従なんぞするもんか!」と言うのが彼、タイソンの真実でした。私の「おごり」と傲慢が彼にまたもや「猫殺し」の二つ名を与えてしまい、猫さんには多大な恐怖と痛みを・・・いや、それ以上の事を・・・情けない。前の飼い主が言っていた彼の行動もあながち嘘ではなかったのだと今更思いました。後悔してもしきれません。偉そうな事言ってましたが私も前の飼い主と同じ愚か者です。
P1010681.jpg

タイソンの身体能力も侮ってました。1800は有る塀の上に寝そべっている猫をダイレクトに捕え、(まさかそんな所まで飛べる犬だとは・・・)怯えて悲鳴も上げられず失禁してる猫を嬉々として攻撃し(このブログのカテでどこまで表現して良いのか躊躇しますが・・・)まるでその行為(殺戮)を楽しむかの様。(ここからもどう言う表現をして良いのか解りませんが)男性だけが持つ部分がパンパンにはれ上がっている所を見るとよほどの興奮状態だったのだろう。ぞっとした。犬とはこんなにも残酷な者なのかと・・・あまりの出来ごとに私はタイソンを制御する事も忘れ唖然としてただただ立ち尽くすだけでした。
 「ケモノは調教できるがケダモノは調教出来ない」と言う言葉が脳裏に浮かんだ。愕然とした。タイソンにでは無いのです。私がそんな風に思った事が情けなかった。正直、その時はタイソンが怖かったのは確かだ。でも、私の信条ではないか!「生まれ変わる事は出来ないが、変わることは出来る」と言うのが・・・

タイソンをケダモノたらしめたのは「人」だ。生まれついての「猫殺し」だったわけでは絶対無い。
確かに年齢が往っているので矯正は難しいが必ず「変われる」。
人がそうしたのなら私が変えてやらなくては彼に申し訳ないじゃないか。

「私には出来る、私には出来る。」何度も何度も言葉にしてみる。「絶対に出来る、必ず出来る。」とも・・・落ち込んでる場合じゃないよね。前に前に振り向かずに絶対後悔しない様に。


スポンサーサイト

 

« »

03 2012
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

サンボ

Author:サンボ
FC2ブログへようこそ!

月別(表示数指定)
友達にこのブログのURLを教える
FC2カウンター
里親ご希望の方へ
カレンダー
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。