サンボと散歩

犬猫の里親さん探し

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱ無理だわ・・・

P1010507.jpg 

よつばですが日に日に麻痺が進んでおりまして現在は流動食も受け付けません。
咀嚼する事どころかのみ込む力も無いようです。「カテーテルをいれようか?」とも考えましたがこの小さい身体には残酷な気が・・・いや、私が早く決断してやれなかった事の方が残酷でした。
 

確かによつばを保護した時は「ん?」な感じが満載でした。体躯から見ても45日はいってる子猫なのに動きが弱い。カメレオン見たいにぎくしゃくしてて・・・「ひよひよな子猫だなぁ~これも個性?」と思っていたのですが。食も細く、ドロドロにしたお魚しか食べないし・・・

そして「あれ?」と。突然ふっらっふらに成って目の焦点はあわずに。「やっぱりな・・・・」と思いました。獣医曰く「先天的か後天的かは解らないが脊椎の奇形か損傷で回復の見込みは無い。今日死ぬか明日死ぬか10年生きるかは解りません」と。そんな事獣医に言われなくても解ってます。生まれつきとか交通事故とかで「予後不良」の仔達を私だって多く見て来たし、看取っても来ましたモン・・・処分もしたもの・・・獣医に連れて行ったのはそんな事じゃ無く・・・

出来なかったぁ。よつばが愛しくて。なまはんかな愛情だよね。言われなくても解ってる。
「安楽死」とか「尊厳死」とか言ったって「殺す」事には変わりがないじゃん。否定はしません。
先にも述べましたが処分の経験はあります。しかし「殺した」と言う事実は胸に重く刻んでます。どうであれ命を奪った事には変わりないもん。
よつばは早くに処分してやれば苦しまずに済んだことは間違いは無い、と思います。ゴメン・・・

生き様どころか死に様も語ってやれないのかと思うと辛くてさ。最後の物語が、小さくてちっぽけでクソやゴミみたいに棄てられた彼女の命が「病院で処分されました」じゃ・・・悲しいじゃん。

言い訳はここまで。明日は決断してやろう。少なくても私の記憶によつばは生きてく。






スポンサーサイト

Comments


Body

« »

10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

サンボ

Author:サンボ
FC2ブログへようこそ!

月別(表示数指定)
友達にこのブログのURLを教える
FC2カウンター
里親ご希望の方へ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。