サンボと散歩

犬猫の里親さん探し

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

咬じルンです!

23日より延々と続く修行の様なワンズのお洗濯・・・月末まで体が持つのだろうか?病み上がりだっちゅーにそんななか、SZさんが坊ちゃんを連れてプチっと遊びにおいで下されました。

坊ちゃんのK君、さすがSZさんの息子です!サンボ宅のデカイワンズにビビりもせず(フツーのお子さんはビビって泣き出します!)撫で撫でして頂きました。ニャンズの方は知らない人が来ると梁に上って降りて来ないのですが、K君の周りにベタベタにまとわりついてきてビックリやはりSZさんの最強アニマルDNAを受け継いでいるのですよ!恐れいりやす<m(__)m>

 

話は変わりますが飼い犬の咬み癖について御相談を受けました。1歳のダックスでメス。子犬の頃から飼育しているとの事。話だけでは断言出来ないんですが典型的なアルファシンドロームみたいです。つまり甘やかしすぎ!

 

ブログ 006 

この仔「プーちゃん」もそうだったのですが自分の思いどうりにならないと咬むんです。この手の咬み癖は簡単に治ります。プー預かった当初は爪も切らせない耳掃除もさせない散歩は自分の行きたい方に引っ張るは他の犬猫見れば喧嘩ふっかけるは、それを制止すると「ガァー!」でしたサンボの怖さを知らないプーはやりたい放題でしたが・・・預かって1週間はほっときます。しかーし!その後はどっちが親分だか徹底的に教えてやります。服従訓練も完璧に入れてやればもう、絶対に咬む様なことはないですね。でもコレってサンボに対してだけですよ!飼い主がちゃんと躾けなければ元どうりの悪い子にすぐナリマス。(プーも元の飼い主に返したらダメな子に戻ってました・・・トホホ)

 

P1010024.jpg 

 

この仔はシバの「ハイネ」サンボ宅から羽ばたいて行った仔なんですがブリーダー放棄で生まれてからずーっとゲージの中ので過ごしてきた痛ましいヤツでした。コイツの場合恐怖から咬みました。このパターンも矯正可能です。

 

画像 404 

こいつも恐怖から咬みつく仔でした「ぐり」です。今はイイ子でSZさん家の愛犬です

 

恐怖(環境の変化やヒト、モノ、音などに対して)から来る攻撃性はそれに慣れればOKです。時間はかかるでしょうが治ります。厄介なのは・・・エド

 

コイツのパターン。牧畜犬に多いのですが(所謂ヒーラーと呼ばれるボーダーやコーギーなんかです。咬んで牧畜をまとめるタイプの犬です。)一度咬み癖つけるとなかなか治りませんねぇ・・・

なんせ、自分より大きな相手に(羊や牛)威嚇して従わせる犬種ですもん。頭も大変良いんで舐められたら最後です。エドは1歳位で来たのですがスンゲー咬み癖で大変でした

今ではさほどですが気を抜くと齧られます。常にエドの親分たる行動で接しませんとダメです。誰もが扱えるタイプじゃあないですなぁ・・・(シェパもコイツだけにはちょっかいだしません!)

 

あと、脳神経から来てる仔はダメです。絶対と言って良いほど治りません。シバやスパニエルに多いみたいです。いきなり咬みますから、訳も無く・・・安楽死させるかそういう個性だと思って飼い続けるかは飼い主の考え次第ですが・・・

スポンサーサイト

Comments


Body

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

サンボ

Author:サンボ
FC2ブログへようこそ!

月別(表示数指定)
友達にこのブログのURLを教える
FC2カウンター
里親ご希望の方へ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
検索フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。